マイアカウント 生豆リスト
生豆ニュークロップ

焙煎機を購入された方を紹介
コーヒーや焙煎機の疑問にお答えします!
沖縄県の送料について

携帯電話からも注文ができます。
アドレスは同じく
http://wild-coffee-store.com/ 販売終了の商品
〒111-0053
東京都台東区浅草橋4-20-6
TEL 03-3865-8318
info@wild-coffee.com

密封瓶

販売価格 1,480円(税込)〜
購入数
サイズ

密封瓶
密封瓶

900cc 1,300cc 2,000cc
材質 容器:ガラス
上蓋:ABS樹脂・シリコン・ステンレススチール
サイズ 容器:11.5 x 11.5 x 12cm
上蓋:11.3 x 11.3 x 5.5cm
容器:11.5 x 11.5 x 16cm
上蓋:11.3 x 11.3 x 5.5cm
容器:11.5 x 11.5 x 24cm
上蓋:11.3 x 11.3 x 5.5cm
重量 容器:315g
上蓋:90g
容器:415g
上蓋:90g
容器:580g
上蓋:90g
価格 1,480円 1,680円 1,880円

コーヒーの保存方法がコーヒー屋さんによってかなり違いがあり、消費者もどれが正しいのか困っているのが現状です。
コーヒー豆は空気に触れると酸化が進み、香りも無くなります。
焙煎して約24時間ぐらいはガス抜きが必要になります。
すぐに密封するとコーヒーがガス臭く、香りが弱くなります。
すぐに密封する場合はエージレスを入れてガス抜きをします。
ガス抜き後は徹底して空気にふれないようにします。
密封瓶の隙間もあっては意味がありません。
小分けにしてラップに包み、隙間もビニールなどを詰めて保存します。
それでも完全とは言えません。
写真の密封瓶は焙煎豆をビニールに入れ上からパッキン付きの押し蓋で固定出来ます。
密封性が高く、豆が減ってきたら下に押して行きますのでいつも空気に触れることがありません。
このままで常温保存でOKです。
冷凍や冷蔵は抽出温度が下がり良くありません。
常温で温度差の少ない暗い場所での保存で問題ありません。

ご使用上の注意

  • この容器は中の食材の酸化を防ぐ為の商品であり、完全な真空状態にはなりません。
  • 初めて使用される時はよく洗ってからご利用ください。
  • オーブン・電子レンジ・食器洗浄機・乾燥機・直火のご使用はおやめください。
  • 火気の近くには置かないでください。
  • 念のため、移動の際はガラス容器本体に手を添えてお持ちください。
  • 破損、ヒビ等の原因になりますので、強い衝撃を与えないでください。
  • 破損や変形した場合には使用しないでください。
  • 蓋の漂白剤によるつけ置き洗いはおやめください。
  • 製品本来の目的・用途以外には絶対に使用しないでください。


お客様にお願い

当店では、小分け生豆はクリーナーにかけて石や異物などを取り除いておりますが、欠点豆は取り除けません。
従いまして生豆を購入頂きましたら、必ずお客様ご自身にて欠点豆のハンドピックを行ってください。
欠点豆の混入での返品、返金は致しませんのでご了承ください。